宿泊施設・周辺環境

合宿免許校は教習を受けたり、余暇時間に観光を楽しんだりしているとき以外は、宿泊施設で過ごすことになります。相部屋は嫌だという人はシングルルームなのかを確認するほか、ランドリースペースなど生活に必要な施設・設備が整っているか確認しましょう。あまりに古く、汚い、狭いなど劣悪な環境で合宿生活を送りたくない人は、自分が過ごすことになる宿泊施設がきれいなのかどうか、ひろびろとしているか、できれば画像や映像で確認しておきたいところです。また、夜に自由に出かけたい人は門限のないところを候補にしましょう

そのほか、宿泊施設の周辺環境がよいかどうかもチェックしたいところです。近くにコンビニなどお店があると何かと便利です。一方、合宿免許校や宿泊施設の周辺にお店がないような場合、合宿生活中に足りなくなった物が出てくるなどしても、どうすることもできません。現地で買い足すということができない分、合宿免許校に入校するときに持って行かなければいけない荷物が多くなってしまいます。このような不便な思いをしたくないという人は、周辺に必要なお店などがあることを確認しましょう。また、観光目当てでも、行きたい場所まで距離があるような場合には、バスなどの乗り物があるかどうかもチェックするのを忘れてはいけません。

料金・保証

観光メインで入校する合宿免許校を決める場合でも、料金や保証に関する内容はしっかりとチェックしましょう。まずは料金ですが、合宿免許は通学免許に比べると、安上がりになる場合が多いです。しかし、合宿免許校のあいだでも万単位の料金の差が出てくるため、安いほうがいいと思っている人は観光ができてさらに低料金なところを候補にしましょう。表示されている料金とは別にかかる費用の有無、交通費の支給の有無、割引サービスの有無もチェックしたいところです。また、入校を取り消した場合の取り扱いに関しても、確認しておくと安心です。

このほか、保証の有無も確認したいことのひとつです。保証というのは、補習や再試験、そしてこれらによる宿泊延長の無料保証です。無保証の場合には、再度のチャレンジが必要になった場合、宿泊日数が増えた場合には実費を負担しなければいけません。観光目当てになっていると、つい勉強がおろそかになって試験不合格ということになりかねないため、保証はあったほうがいいです。また、保証があったとしても、1回だけ無料というように、回数に限りがあるところも少なくありません。余計な追加費用を支払いたくないという人は、納得のいく保証が用意されている自動車学校なのかどうかを忘れずにチェックしましょう。

合宿免許先選びの基本

観光を楽しんで、運転免許を取得するための自動車学校も卒業したいという人が、合宿免許校に入校するときには、まずは行きたいところを絞り込みましょう。そして、その場所に行けるところにある合宿免許校を候補にすると、目的を果たすことができます。また、合宿免許は順調に試験に合格すれば、2~3週間という短い期間で卒業を迎えます。この短期間で、観光できる時間を確保することができるスケジュールが組まれているかどうかも、入校先を決めるにあたってチェックしたいところです。夜に出歩きたいという希望がある人は、とくに門限が決まっていない宿泊施設が用意されている合宿免許校を候補にするとよいでしょう。

最近では、合宿免許校の中で観光プランを用意しているところが増えつつあります。観光ツアーが卒業までのスケジュールに組み込まれているところがあるのです。また、休みの日に観光で使用することが可能なお得なチケットや、卒業までの数日間、高級ホテルの宿泊や食事が付いているプランなどもあります。なお、合宿免許は一人ではなく友人などと一緒の参加も可能なため、仲のいい人と一緒に観光を楽しむことも可能です。

当サイトでは、観光と合宿免許校への入校~卒業を一緒にしたいという人のため、ほかにどのような要素に注目して入校する自動車学校を決めると失敗しないのかを解説しています。短いあいだではありますが合宿生活をよい思い出として残すためにお役立ていただければ幸いです。